5ccc.net 1080P

bbs.5isotoi5.org ハードウェアの感熱紙のあなたの標準インクよりきれいな、より鮮明な解像度を生成し、最終的により安いです

ハードウェアの感熱紙のあなたの標準インクよりきれいな、より鮮明な解像度を生成し、最終的により安いです。かなり高価であるが、感熱紙が使用され、価格は近年では降りて来て、そのメーカーがより合理的なコストでそれを生成することが良いテクノロジーへの一部に感謝します。また、感熱紙ロールボンド紙より静かで、長い日の終わりに少しの買い物客のためのボーナスが追加されます。最も直接的な熱の書類に保護樹脂上塗塗料を必要とする:紫外線への露出によって引き起こされた熱画像の退色について水、油、油、ラード、脂肪、可塑剤、および同様の原因の焦点は、熱活性コーティングには、サーマルプリントヘッドから。感熱紙の熱にさらされるとき、色を変える化学含浸紙。それはサーマルプリンターと特に安いのに用いられ、そのような機械は、キャッシュレジスタを追加するとして軽量デバイス、およびクレジットカードの端子である。紙の染料と適当なマトリックスの固体混合物を含浸し、フルオランロイコ染料とシルホスホン酸の組み合わせの例です。マトリックスは、その融点以上に加熱した場合には、染料の酸と反応して、その色の形に移行し、形を変えて、それから準安定状態における保存時の行列が十分に速く固まって戻る。ほとんどのプリンタメーカーも一緒に仕事として知られているリボンとラベルの組み合わせを提供し、いくつかの組み合わせのすべてではない像を生じるとして特に重要である。樹脂リボン付きのプラスチック製のラベルは、強烈な日光で外を生き残り、水の浸入に立つことができるとタイプに依存している油と化学物質に耐性があるかもしれません。自動車や航空機部品の製造でしばしば使われて、どんなアイテムでも外部と必須の標識の有害化学物質を特定しなければ、例えば、長期の期間のための海水中に浸漬された後に。あなたが選択した感熱紙の型は、主にあなたのビジネスの詳細に依存します。幅、長さ、感熱紙の等級は、広く異なるメーカーによっては、紙のために使用される装置のタイプ。しかし、多くのオンライン卸売業者は、あなたがあなたがあなたのすべての業務の正確な記録を残す必要がある製品を得るように、あなたの命令をカスタマイズすることができます。タグ:著者について:熱紙

Hardware Thermal paper is cleaner than your standard ink, produces a crisper resolution, and is ultimately cheaper. Though thermal paper used to be considerably more expensive, the price has come down in recent years, thanks in part to better technology that allows its manufacturers to produce it at a more reasonable cost. Moreover, a thermal paper roll is quieter than bond paper, which is an added bonus for any shopper at the end of a long day. Most direct thermal papers require a protective topcoating to: Reduce fading of the thermal image caused by exposure to UV light, water, oils, grease, lard, fats, plasticizers, and similar causes Focus the heat from the thermal printhead on the active coating. Thermal paper is paper that is impregnated with a chemical that changes color when exposed to heat. It is used in thermal printers and particularly in cheap, lightweight devices such as adding machines, cash registers, and credit card terminals. The paper is impregnated with a solid-state mixture of a dye and a suitable matrix; a combination of a fluoran leuco dye and an octadecylphosphonic acid is an example. When the matrix is heated above its melting point, the dye reacts with the acid, shifts to its colored form, and the changed form is then conserved in metastable state when the matrix solidifies back quickly enough. Most printer manufacturers offer ribbon/label combinations which are known to work well together, which is particularly important as some combinations produce no image at all. Plastic labels with resin ribbons will survive outside in full sunlight, can stand immersion in water and may be resistant to chemicals and oils dependent on type. Often used in Automotive and Aircraft parts manufacture, any items stored outside and essential for the labelling of hazardous chemicals which must remain identifiable, for example, after being submerged in sea water for extended periods. The type of thermal paper you choose depends largely on the specifics of your business. The width, length, and grade of thermal paper varies widely depending on the manufacturer and the type of machine the paper is used for. Many online wholesalers, however, can customize your order so that you get the product you need to keep accurate records of all your transactions. Tag: Thermal Paper About the Author:

www.lwxd.org それで、彼の行動と美徳に基づいて、多くの名を彼に与えられました、しかし、これらは我々に彼の本当の自然を紹介します

しかし、これらはあなたの神を紹介しない神の多くの形容詞の名前があります。形容詞の名はメリットと神の長所を説明します。かつて、クリシュナ卿が彼の戦いを捨てた、というchhor戟マハラージは走った。彼は子供のようにバターを盗んだので、人々は彼をmakhanchorとも呼びます。それで、彼の行動と美徳に基づいて、多くの名を彼に与えられました、しかし、これらは我々に彼の本当の自然を紹介します。我々は、精神的なマスターへの精神的な知識を与えるとき、それから、我々は彼が本当に神として導入されている。導師ナーナク寺グャンアンヤン専用satguru diyaが言うには、agyan vinash玲。ハリkirpa teサントbhetiyanプラカシュ、ナーナクの男。主人は私の無知の暗闇を離れて拭いた精神的な知識のeyebalmを与えました。1つの神の恵みによって、それはすべての光の内なる真の聖者に会います。人の人生を変えました。そのようなマスターの知識です。私たちは神の本当のアイデンティティを発見してください。あなたがアリババと40人の泥棒の話を聞いたことがあるに違いありません。アリ・ババとなる裕福な洞窟の秘密を知ることによって話すと彼の隣人は、鹿島、それについてのすべて。鹿島が、洞窟の中を忘れる方法を再び出てくる。そのような精神的な知識の扉についてそれを言いました:高知ナムサンサールmein、テート・解脱な叫び声。adiナムチョ・グプタは、boojheビルラkoy。神のために何千もの名前があります、しかし、彼らの救済を授けることができません。まれな人だけが永遠の名前を覚えてひそかにの範囲内であるかを知っている。あなたは神の神聖で永遠の名を知っているとき、あなたは精神的なドアを開け、ちょうどコマンドとしてオープンセサミ!洞窟の扉を開けた。同様に、真の生活の精神的なマスターからの神の本当の名前は、実践的知識を取得する1つのとき、彼は本当に神を紹介します。それは言いましたmrigナビkundalベース、mrig mahin dhoondhe禁止。山道aise山道ブラフマン・ハイン、duniyaジャンナッツナーイ。森林におけるジャコウジカを放浪し独自のへそから実際に来る香りの源を探しています。同様に、全能のみんなの心の中に存在します、しかし、誰が知っています。あなたは原子と電子に核があることを中心に回っていることを知っています。太陽系の中心に太陽が、非常に巨大な質量とすべての惑星の周りを回転している。同様に、我々は我々を神の住む内の点を持っています。それまで言ったjyon mahin telはい、jyon aag chakmak男性。テラ・サインtujh meinは、ギザギザギザギザに酒。としてのオイルがゴマの種と火打ち石で火花の範囲内で、同様にして、あなたの支配者はあなたの中にあるので、起きて、可能ならば。マンゴーの種マンゴー自体の範囲内のオレンジの種の中のオレンジ色の権利である。同様に、全能、遍在するが、我々の誰でも彼を知っていて、我々が行くと瞑想とその経路の真の精神的なマスターによって我々に示されている。多くの人々は、なぜマスターズの足で疲れ果てた人々が私に聞くのに対して、外国で彼らは握手をします。あなたは、北極地方のそれは非常に寒いと人々が彼らの手を彼らのポケットから取り出してないということを知っています。挨拶の彼らの形の鼻をこすります。グリーティング・マスターは非常に科学的であるのは、インドのシステム。我々は、鉄の部分は磁石に変えたいならば、テーブルの上に水平に配置されている。あなたがそれに垂直に磁石を配置し、鉄片の一端から他までこの磁石を動かして、何度も、それは磁石に変換される。散乱したピンを手配するために、我々は彼らの近傍に磁石を持って、そして、すべてのピンとそれに引きつけられて配置されている。1つのピンのもう一つのピンに接続され、それが磁石のようなもう一つのピンを引きつけます。聖カビールダス戟指導者ko kijiye dandvat、高知高知pranam。bhring keet naジェーン、導師カーレンapサーマーン。私は疲れ果てた無数の時代は、マスターの足で、彼は彼自身のような普通の弟子になりますので。彼はbhringiスズメバチのように、昆虫の幼虫を捕らえ、それ自体のように変換するもう一つのbhringiスズメバチにそれまで連続的にハミングによる。ときに我々は、疲れ果てたマスターの足で、私たちは彼の磁場の影響を受けている。あなたが蛇口の下にバケツを水で満たして、それを置きました。同様に、我々は彼から知識を獲得するマスターの足で座る。ラーマ卿、朝一番に、彼らの承認を得るために彼の両親に会釈をしていました。同様に、我々は我々の両親は、年長者とマスターと彼らの承認を得る。ラーマーヤナシュリー・ラーマ卿が彼のファンであった慰めるジャターユのエピソードがあり、人は死んでいました。彼は彼のひざにjatayus頭で座っていました。ラーマ卿は言いました、あなたは私のためにあなたの人生を犠牲にしたので、私はあなたに非常に満足しています。あなたが望むものは何でも尋ねてください。ジャターユ、に横たわってラップのシュリー・ラーマ卿、答えました、あなたは何を持って今私を残しました。これを聞いて、ラクスマンは激怒したと言ってました!彼はこの世界の創造主の存在下では、まだこの馬鹿が言っているのは、彼が死にかかっていて、ラーマ卿が彼に与える何も持ちません。その後ラーマ卿ラクスマンに言った、彼の感情を理解しようとする。ラクスマンは言いましたように、ジャターユは、何なのか教えてくれない、シュリー・ラーマ卿を与える必要があります。ジャターユは答え、ラクスマン戟、それはこれのようです。としたら、非常に裕福な実業家があります。息子は非常に長い時間の後に彼が生まれた。ビジネスマンは彼の息子を保持することに大喜びします。彼の幸せを表現するために、彼は彼の村のみんなにお菓子と贈り物を与えます。今、私が言って、スクリーンの財産の相続人は誰ですか?ラクスマンは彼の息子がすべて所有の実業家を相続することになる。その後ジャターユは言いましたが、ラクスマン、息子はどこでしたか?ラクスマンは実業家の腕の中に横たわっていたと言った。その後ジャターユを尋ねました、私はどこ?ラクスマン戟はラーマ卿の腕の中であると答えました。ジャターユシュリー・ラーマ卿が所有しているすべては、現在私のものを言いました。彼の信奉者として、彼の精神的な息子は、彼のすべての精神的な富の鉱山になって、私は彼のひざで私の頭をしています。それで、彼は今でも、自動的には私のものです。今は、私に話して彼は私にこれ以上何を与えることがありますか?彼の命令によって、命をマスターによって、弟子のマスターズは、精神的な富を得た。それがマスターに避難して救済への扉であると言いました。マスターの指示によりすばらしいと幸運であるとして、本当の経路を歩き、弟子。私たちは木の緑と良い形にするのを見たいならば、我々は各々の葉の水ではありません。我々は、その根の水であるならば、そのすべての花と葉の健康と緑の木のすべてのビットとして水分を得ます。それで、1つのマスターの命令に従い、彼がサーブするならば満足のすべての神と言われている。クルクシェトラの戦いの前に、シュリクリシュナ卿の複雑なバトルアルジュナを計画について話すのではなく、むしろ、彼は精神的な知識について話して、アルジュナはどんな特別な戦略が与えられた場合でも、彼の親類と年上の戦いについてとても混乱しましたので、彼は彼が戦わないと言われています。アルジュナになって元気がありました、彼は戦いたくありませんでした、彼はそれさえ始まる前に戦いを失いました。そしてクリシュナ卿の実用的な精神的な知識を与えることを彼の戦いに戦う力は出てくるでしょう。彼は現実を知っていました。彼の心からの無知の暗闇を除去するとしたとき、彼は彼の心を獲得して、彼はあまりにも戦いに勝つでしょう。それが人のjeetaブリキのギザギザjeetaあなたはあなたの心に勝つならば、なぜ、あなたはこの世界で勝利する。それで、生活satguruに避難すると、精神的な知識はすべての無知を根絶します。

There are many adjectival names of God but these will not introduce you to God. Adjectival names describe the merits and virtues of God. Once, when Lord Krishna deserted a battle, he was called Ran Chhor Ji Maharaj. As a child he stole butter, so people also call him Makhanchor. So, based upon his actions and virtues, many names were given to him but these do not introduce us to his real nature. When the Spiritual Master imparts the Spiritual Knowledge to us, then we are introduced to God as He really is. Guru Nanak Dev Ji says- Gyan anjan satguru diya, agyan andher vinash. Hari kirpa te sant bhetiyan, nanak man prakash. The Master gave me the eyebalm of Spiritual Knowledge which wiped away the darkness of ignorance. One meets a true saint by the Grace of God and then it becomes all light within. Ones life is transformed. Such is the knowledge of the Master. We discover the true identity of God. You must have heard the story of Ali Baba and the forty thieves. Ali Baba becomes wealthy by knowing the secrets of the cave and tells his neighbour, Kashim, all about it. Kashim goes inside the cave but forgets how to come out again. Such is the door of Spiritual Knowledge, about which it has been said- Koti nam sansar mein, tate mukti na hoy. Adi nam jo gupta jap, boojhe birla koy. There are thousands of descriptive names for God but they cannot bestow salvation. Only a rare person knows the Eternal Name which is remembered secretly within. When you know that holy and eternal name of God, the spiritual door will be opened to you, just as the command Open sesame! opened the door of the cave. Likewise, when one acquires the practical Knowledge of the true name of God from the true living Spiritual Master, he gets truly introduced to God. It is said- Mrig navi kundal base, mrig dhoondhe ban mahin. Aise ghat ghat brahma hain, duniya janat nahin. The musk deer roams in the forest looking for the source of the fragrance that actually comes from its own navel. In the same way, Almighty is present within everyones heart, but nobody knows. You know that there is a nucleus in an atom and electrons are revolving around it. In the centre of the solar system is the sun, a very vast mass and all the planets are revolving around it. Likewise, we have a point within us where God resides. That is why it is said- Jyon til mahin tel hai, jyon chakmak men aag. Tera sain tujh mein hai, jag sake to jag. As there is oil within a sesame seed and spark within flint, similarly, your Lord is within you, so wake up, if you can. The seed of a mango is within the mango itself; the seed of an orange is right inside the orange. In the same way, Almighty, which is omnipresent, is within everyone of us but to know Him, we have to go within and meditate and that path is shown to us by the true Spiritual Master. Many learned people ask me why people prostrate at the Masters feet, whereas in foreign countries they shake hands. You know that in the Arctic regions it is extremely cold and people do not take out their hands from their pockets. Their form of greeting is to rub noses. The Indian system of greeting a Master is very scientific. If we want to turn an iron piece into a magnet, it is laid horizontally on a table. You place a magnet vertically on it and you move this magnet from one end of the iron piece to the other, again and again, until it is converted into a magnet. To arrange scattered pins, we bring a magnet in their vicinity, then all the pins are attracted towards it and get arranged. One pin gets connected to another pin and it in turn attracts another pin like a magnet does. St. Kabir Das Ji says- Guru ko kijiye dandvat, koti koti pranam. Keet na jane bhring ko, Guru karlen ap saman. I prostrate countless times at the feet of the Master, because he makes an ordinary disciple like himself. He is like the bhringi wasp, which catches an insect larva and converts it into another bhringi wasp like itself by humming continuously to it. When we prostrate at the feet of the Master, we are affected by his magnetic field. You put a bucket below a tap to fill it with water. Similarly, we have to sit at the feet of the Master to acquire Knowledge from him. Even Lord Rama, first thing in the morning, used to bow to his parents to obtain their blessings. Likewise, we should serve our parents, elders and the Master and obtain their blessings. There is an episode in the Ramayana when Lord Shri Rama was comforting his devotee Jatayu, who was dying. He was sitting with Jatayus head in his lap. Lord Rama said, You have sacrificed your life for my sake, so I am very pleased with you. Ask for whatever you want. Jatayu, lying in the lap of Shri Rama, replied, Lord, you have nothing left to give me now. Hearing this, Laxman got enraged and said, Look! He is in the presence of the Creator of this world, yet this fool is saying, even as he is dying, that Lord Rama does not have anything to give him. Then Lord Rama said to Laxman, Try to understand his feelings. So Laxman said, Jatayu, tell me what Lord Shri Rama does not have to give. Jatayu replied, Laxman Ji, it is like this. Suppose there is a very wealthy businessman. A son is born to him after a very long time. The businessman is overjoyed to be able to hold his son. To express his happiness, he gives sweets and gifts to everyone in his village. Now, tell me, who is the heir of that businessmans property? Laxman replied that his son would inherit everything the businessman owned. Then Jatayu said, Laxman Ji, where was that son? Laxman said that he was lying in the arms of the businessman. Then Jatayu asked, Where am I? Laxman Ji replied that he was in the arms of Lord Rama. Jatayu said Everything owned by Lord Shri Rama now belongs to me. As his devotee, his spiritual son, all his spiritual wealth became mine and I am lying with my head in his lap. So, whatever he has, is now automatically mine. Now, tell me what more does he have to give me? The disciple who depends on the Master and lives by his commands acquires the Masters spiritual wealth. That is why it is said that taking shelter in the Master is the door to salvation. The disciple who treads the true path as instructed by the Master is great and fortunate. If we want to see a tree green and in good shape, then we do not water each leaf. If we water its root, then all its flowers and leaves will be healthy and green as every bit of the tree will get moisture. So, it is said that all deities are pleased if one obeys the commands of the Master and serves him. Before the battle of Kurukshetra, Lord Shri Krishna does not talk about complex battle plans to Arjuna, rather he talks about Spiritual Knowledge, because Arjuna was so confused about fighting his relatives and elders that even if he were given any special strategy, he would still have said that he would not fight. Arjuna had become despondent, he did not want to fight, he had lost the battle before it had even begun. Then Lord Krishna imparted the practical Spiritual Knowledge to him so that the power to fight the battle would emerge. He had to know the reality. The darkness of ignorance from his mind had to be removed and when he had won over his mind, he would win the battle too. That is why it is said- Man jeeta tin jag jeeta If you win over your mind, then you will be victorious in this world. So, take shelter in the living Satguru and receive the Spiritual Knowledge which eradicates all ignorance.